本と科学と尊みと

本のこととか科学技術のこととか趣味のこととか書きます

旅行先で見るSNSは、日常すぎて、旅情の邪魔

f:id:galleon_blue:20190731194948j:plain

きのう今日と、一泊二日の家族旅行に行ってきました。

車で目的地について、子供も妻も喜んで楽しんでいて、自分もそんな家族を見ていてとても楽しくて。

 

でも、ふと一人になる瞬間が有って、なんとなしにスマホを開いて、いつものように、Twitterを開きました。

 

タイムラインに流れていたのは、

某国に対する批判とか

選挙の結果に関連する意見とか

技術動向に関する情報とか意見であるとか

なんかこう、旅先で感じていたふわふわした楽しい気分に、一瞬で日常の気分が流れ込んできそうになって、慌ててアプリを閉じました。

ふだん、無意識に消化している、何かに対する怒りとか、義務感とか、焦りとか、そういったものがバーっと湧き出てくるわけです。

 

でも、そんな気分を味わうために旅行に来ているのではないのですよね。

もっと子どもや妻といっしょに楽しむだけにしたい。

そんな気分から、この旅行の間は、SNSを見ることをやめました。

 

スマホは、きれいな景色や家族の写真を撮るために、

あとは、カーナビ代わりに使うだけにして、

普段やっているゲームやSNSは見ないようにする。

 

そうすることで、より、家族と一緒に、普段とは違う環境にいる、ということを、味わい、楽しく過ごすことができました。

 

旅行の間の情報のインプットは、旅先で見るもの感じるものと家族の笑顔、それだけで十分。

他のものはいらんのです。

 

考えない練習 (小学館文庫)

考えない練習 (小学館文庫)