本と科学と尊みと

本のこととか科学技術のこととか趣味のこととか書きます

リリが報われていて、嬉しかった(ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか15 感想)

 

f:id:galleon_blue:20190623201239p:plain

ふと書店で見かけて、回避できず、「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか15」kindle版を買いました。

 

今回は、前回までのハードな冒険から一転、日常パートになっています。

流石にね、毎回あのテンションだと、ベルくんたちの身がもたないので。ヘスティア様の出番もなくなっちゃうし。

 

ただ、単なる日常パートではなく、前回の冒険後の休養日を背景に、メインメンバーの過去について語っている短編集のような構成になっています。

 

ヘスティア様が地上に降りてきて、ダメな神様になったときの話や

ヴェルフやリオンさんが実家でグレたときの話などがつづられています。

もちろん、わたしの推しキャラであるリリルカさんの話もあります。過去の、ベル君に出会う前の生い立ちの話ですね。

 

それぞれに、ヘスティア・ファミリアに入って、救われてきているわけですが、なんだかんだで一番救われているのは、リリルカさんだと思うのですよね。

前巻までに書かれていたとおり、辛い生い立ちであったわけです。

 それだけに、今回、報われているのが嬉しかったですねー。 

 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか15 (GA文庫)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか15 (GA文庫)