電気回路技術者からITエンジニアを目指す!

子持ちのアラフォー回路屋さんがITエンジニアを目指します

ライトノベルの新シリーズを読み始めると時間をどんどん費やしてしまう!を防止するために考えたこと

「小説家になろう」で掲載されている小説、すきなものがたくさんあります。

でも、新しいシリーズを読み始めると、どうしても、ついつい、空き時間をすべて使って読んでしまいたくなります。

 

私の性質からして、そうやって、ライトノベルを読み出すと、いつまでも読んでしまう性質なのです。

 

f:id:galleon_blue:20180528211936j:plain

いつまでも読んでしまうと、良くないこともある

それはそういうものとしてしょうがないのですけれど、そのために、家族とのコミュニケーションをないがしろにしたり、勉強をサボったり、睡眠を削ったり、ということが起きてしまうのはいただけません。

 

そういうことをしてしまうと、いっとき、少し楽しいかもしれませんが、家族をいたわったり、将来に向けて自分を成長させたり、健康を守ったり、ということがどんどん疎かになってしまうのです。

 

楽しいのですけれど、残念ながら、将来にはつながらんのですよねえ。

 

まずは、新シリーズを読み始めない、といことがだいじ

ラノベに使ってしまう時間の中で、一番大きくなりやすいものは、新シリーズを読み始めて、最新作まで追いつこうとする、という時間です。

 

そういうときには、昼休みも通勤時間も寝る前のひとときも、すべてそれで埋めてしまおうとしてしまいます。

 

それが始まると、作りたい生活やら週間のリズムが、一気にくずれてしまうわけです。

 

だから、なるべく、わたしの場合、新シリーズを読み始めない、ということが大事なのだと思います。

 

新シリーズをつい読み始めてしまうのは疲れているとき

では、どんなときに新シリーズを読み始めてしまうのか。

 

わたしの場合は、疲れていて、なんとなく、何も考えないで済む文章で頭を埋めたく鳴るとき、です。

 

私にとって、ライトノベルは、何も考えずに時間やら心やらを埋められる手段なのですね。

だから、疲れていると、つい、ライトノベルで頭を埋めたくなってしまうわけです。

 

そんなときに、更新された「小説家になろう」の小説であるとか、スマホのkindleにダウンロード済のライトノベルであるとか、が無いと、新しいシリーズを読み始めたくなってしまうわけです。

 

疲れているときに新しいラノベを読まないために

だから、疲れているときに、新シリーズを読み始めないための工夫が必要なのだと考えました。

そのために考えた仕組みは以下のものです。

  • 疲れたときのために、常にスマホに何らかのラノベを入れておく。買ってもすぐ読まずにとっておく。
  • 毎日、「小説家になろう」の更新をチェックせず、疲れたときのためにとっておく。

余裕があるときは、疲れたときのために、読むものをとっておく、っていうことですね。

余裕があるときには、勉強になるような本を読むだとか、ブログの文章を考えるだとかしていればいいのです。

 

今回考えたこの対策、効果があるか、しばらく試してみようと思います。

 

 

本好きの下剋上?司書になるためには手段を選んでいられません? 第四部「貴族院の自称図書委員III」