電気回路技術者からITエンジニアを目指す!

子持ちのアラフォー回路屋さんがITエンジニアを目指します

そうだ、マイクラMODつくろう 番外2 java環境の動作確認(MODづくりには使えなかった)

今回は、前回インストールしたjava環境の動作確認をしていきます。

 

前のページても述べましたが、このやり方では、MDKを使ったマイクラMODの環境は作れません。2018/4/4時点、ForgeのMDKはJava9には対応していないため。

ですが、まあ、Javaの使い方一般の紹介ということで、ページは残しておきます。

 

 

いわゆる、「Hello World!」ということです。

 

環境構築方法は↓のページを参照してください。 

www.galleon.blue

 

Javaを使ったプログラミングは、おおまかには、以下の流れですることが多いと思います。

  1. Javaのソースコードを書く
  2. コンパイルする
  3. 実行する
  4. 実行してうまく行かなかったら、1.に戻ってソースコードを修正する。

今回も、この流れで試していきます。

 

f:id:galleon_blue:20180308222805j:plain


 

 

ソースコードを書く

まずは、ソースコードを書きます。

といっても、まずは動作確認、ということで、「Hello World」という文を表示してみます。

 

以下のコードをテキストファイルにコピペして、保存してください。

public class test{
public static void main(String args[]){
System.out.println("Hello World");
}
}

ファイル名を"test.java"に変更してください。

拡張子もtxtではなくjavaにしてください。

エクスプローラの「表示」→「ファイル名拡張子」のチェックボックスをオンにしておくと良いです。

f:id:galleon_blue:20180315213852p:plain

 

これで、ソースコードの出来上がりです。

わたしは、デスクトップにjavaというフォルダを作って保存しました。

 

ちなみに、ソースコードの3行目が「Hello World」と表示するためのコードです。

その前後は、プログラムを実行するのに必要な「枠組み」みたいなものです。わからない方はとりあえず、おまじないだと思っておいてください。

くわしく知りたい方はこちら↓

Hello!を表示するJavaプログラム

  

メモ帳でソースコードつくってもいいのですが、個人的にはAtomというエディタでやるのをおすすめします。

 

 

こんな感じにソースコードの意味ごとに色がついて表示されるので、わかりやすくなります。

f:id:galleon_blue:20180315213112p:plain

 

コンパイルする

さて、Javaのプログラムを動かすには、「コンパイル」という作業が必要です。

ソースコードを、コンピュータが処理しやすい形に変換する、という処理です。

 

さきほどの、「test.java」を保存したフォルダの、何もない場所で、シフトキーを押しながら右クリックをします。

そうすると、以下のようなメニューが出ます。

「PowerShell」または、「コマンドプロンプト」を開く、というメニューが出ますので、これをクリックします。

f:id:galleon_blue:20180319211713p:plain

 

そうすると、以下のような画面が開きます。

f:id:galleon_blue:20180319211911p:plain

 

ここで、「javac test.java」と入力して、エンターを押します。

これは、「test.java」をコンパイルしてください、というコマンドです。

f:id:galleon_blue:20180319211954p:plain

 

そうすると、以下のように、「test.class」というファイルができています。

これが、コンパイルでできたファイルです。

f:id:galleon_blue:20180319212111p:plain

 

実行する

さて、このコンパイルできたプログラムを実行してみます。

先ほどのPower Shell またはコマンドプロンプトから、「java test」と入力してエンターを押します。

このフォルダに有る、testというプログラムを動かしてね、というコマンドになります。

 

そうすると、以下のように表示されます。

f:id:galleon_blue:20180319212548p:plain

地味ですが、無事に「Hello World」と表示されました。

 

これで、Java環境がインストールされて、ちゃんと動作することが確認できました。