電気回路技術者からITエンジニアを目指す!

子持ちのアラフォー回路屋さんがITエンジニアを目指します

仮想通貨マイニングでインデックス投資的な投資をしてみようと思う

仮想通貨投資をやってみよう、と思います。

みらー流の投資のルールというか、プランを考えましたので、ご紹介。

上手くいくといいなぁ。

 

[caption id="attachment_1502" align="aligncenter" width="500"] By: Vitalij Fleganov - CC BY 2.0[/caption]

プランの考え方(仮説)

以下の考え方にもとづいて、プランを立てています。

  • 単に通貨を買うだけだと、「お金が働く」作用がないため、クラウドマイニングでの採掘に投資する。
  • 採掘への投資には、お金を払って決済インフラを支える、という意味合いもあり、社会的な意義もあると考える。
  • 仮想通貨は、個別銘柄は値上がりしたり値下がりしたりするが、全体として、成長(値上がり)していくはず。
  • リスク低減のため、インデックス投資の考え方(多銘柄への分散投資ドルコスト平均法&リバランス)を仮想通貨に応用する。

 

対象通貨

Genesis Mining とcoincheckの両方で対応している通貨すべてについて、投資をしていきます。

つまり、以下の6点です。

  • BTC
  • LTC
  • DASH
  • ETH
  • ZEC
  • Monero

 

やること

採掘への初期出資

各通貨に、なるべく同じ額(日本円ベースで5万円程度)になるように採掘に出資する(Genesis Miningで購入できなかった場合には、他のサービスを利用)。

 

採掘への再投資

採掘したコインは25%を手元に残し、採掘へ再投資する。

 

保有コインの月次リバランス

保有している仮想通貨は月に1回リバランスする。つまり、日本円ベースで同額になるように調整する。

 

皮算用

再投資の例

5万円✕6通貨=30万円相当を初期投資するつもりです。

計算をかんたんにするために、仮にETHにすべて投資したとしてシミュレートします。

いま、30万円相当でGenesis Miningで採掘能力を買うと、100MH/sの能力で採掘することになります。

シミュレータによると、この能力では0.7335ETH掘れるとのこと。

1 ETH=34000円(8/22)のレートだとすると、24,939円です。

 

この内75%を再投資するとすると、およそ2万円。5000円ほどのコインが手元に残ります。

Genesis Miningでは、2年ごとに投資するので、月に2万円ずつ投資していけば、単純計算では2年後には2✕24ヶ月=48万円分の採掘投資(月に約4万円分の採掘ができる)が動いていることになり、投資額として、増えていきます。

また、投資のうち5000円✕24ヶ月=12万円分のコインが回収できることになります。

 

複利を考慮に入れると・・

上記の計算にくわえ、実際には、「複利」のような効果が働くと考えます。

複利込みで試算してみると、120万円(月に約10万円分の採掘ができる)分の投資が動いて、投資の30万円は回収できる、という結果になりました。

 

この計算の前提

まあ、以下を前提とした皮算用なんですけどね。

  • 採掘の難易度が平均して大幅には上がらない。
  • 相場が大きく変動しない。
  • クラウドマイニングが破綻しない。
  • 税金は考慮していない(所得税!)

難易度と相場については、おそらく大きく変動します。難易度は上がり、相場も上がる・・んじゃないかなぁと予想しています。

この2つが打ち消し合って、トントンになる、というのが理想的なシナリオですね。

 

同じようなことをやってみよう、という方へ

念のためですが、くれぐれも、将来必要な貯蓄や生活費をぶっこんでまで投資しないようにご注意ください。

リスクは私が思っている以上に大きいと思います。だから、わたしも、余剰資金で投資をしていきます。

 

それでも同じ道を行ってみよう、というかたは、ぜひ、以下の情報を使って登録、購入してください。

Genesis Miningについては、ハッシュパワーの購入時に、「EAxuwT」を入力すると、3%の割引が受けられますよ。

わたしがメインで使っている仮想通貨取引サービスのコインチェックの登録は↓からどうぞ。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

[amazonjs asin="4584125554" locale="JP" title="ブロックチェーン入門 (ベスト新書)"]