本と科学と尊みと

本のこととか科学技術のこととか趣味のこととか書きます

子どもとかが多少騒がしい環境でも勉強する、デキる大人になりたいよね

家族がいる大人こそ、勉強しなければ

大人になっても、いや、大人になってからこそ、本を読んだりして勉強したいものです。

でも、家族、特に子どもがいたりすると、勉強に適した静かな環境はなかなか作れないですよね。

でも、子どもがいる大人こそ、収入を増やしたいものですし、また、勉強をする背中を子供に見せたいものです。

多少うるさかったり、子供や家族からの割り込みが入ったりしても、勉強できるようにならねば、そういう大人の勉強はできないのかもしれません。

騒がしくても読書するための心構え

では、どうしたら、騒がしくても勉強できるでしょうか。

わたしは、以下の心がけを持ったら、勉強できるようになりました。

  1. 家族から割り込まれて当然だ
  2. 集中できなくても気にしない
  3. 本とノートの両方を広げて、見た目から勉強しているようにする

理想の環境を求めるから、理想から離れるとイライラするのですよね。

おおらかな姿勢で、家族に接しながら、勉強をしていけば、そのうち家族も、勉強に協力してくれたりするかもしれません。