本と科学と尊みと

本のこととか科学技術のこととか趣味のこととか書きます

タイムトラッキングに挫折した人へ。転がすだけの「ZEIº」で続けられなかったらもう諦めよう。

生活の改善には、まず何にどれだけ時間をかけているかの記録から、ということで、「Toggl」やら「たすくま」やらで、行動にかかった時間を記録している人は多いと思います。

そして、それ以上に、記録するのがめんどうでやめてしまった人も多いと思います。ええ、あの手のツールって、入力が面倒なんですもの。わたしも続きませんでしたわ。

でも、今回紹介するこのガジェットであれば、面倒な操作なく、タイムトラッキングを続けられそうです。

Clock

目次

1.時間を記録することが大事だってわかってるけど面倒なの

スマホアプリで、アプリを開いて、数回タップする、それだけの手間で時間を記録できるってことはわかってます。でも、それすら面倒くさい、というものぐささんっていますよね。わたしもそうです。

そのときの通信の具合だとか、そばにいる家族の視線だとか、単純に忘れていたり。そして、記録を止め忘れて、いつの間にか20時間以上休憩していたことになったり。そんなことが続くと、記録するのが嫌になっちゃうんですよね。

2.「転がす」だけで、0.5秒で記録

そんなタイムトラッキングに挫折した人だったら、この画像を見てもらえれば、このデバイスの何が素晴らしいか、一発でわかるはずです。

f:id:galleon_blue:20160921071942g:plain ZEIº - the most simple time tracking solution by Timeular — Kickstarterより引用

転がすだけで記録ができます。そして、今、何を記録しているかもパッとわかります。かかる時間は0.5秒(推定)。今まで見てきた中で、いちばん簡単でわかりやすいタイムトラッキング方法です。

もし、転がし忘れても、スマホから記録を止めたり記録を編集したりできますよ。

3.シンプルなのが一番いい

いまなら、Kickstarterで1個69ユーロから。

おそらく、マイコンと加速度センサと通信ユニット、それだけでシンプルに構成されているこのガジェット。39ユーロで、自分で組み立てられるDIYキットも入手できます。形を変えたり色を変えたり、ちょっとした電子工作も楽しめそうです。

www.kickstarter.com

ライフログのすすめ―人生の「すべて」をデジタルに記録する! (ハヤカワ新書juice)

ライフログのすすめ―人生の「すべて」をデジタルに記録する! (ハヤカワ新書juice)