本と科学と尊みと

本のこととか科学技術のこととか趣味のこととか書きます

新しい活動量計 Fitbit Charge2 は、自分専用のスカウターっぽい

Fitbit社が、新しい活動量計を発表しました。これって、なんか、ドラゴンボールスカウターみたいなんですよね。

techon.nikkeibp.co.jp

 

目次

 

カーディオフィットネスレベルとは?

すでに活動量計としてよく知られているFitbit社の製品ですが、今回はどんな新機能があるのでしょうか。冒頭で紹介した記事から、少し引用します。

Fitbit Charge2に新たに追加した機能の1つが「カーディオフィットネスレベル」。これは現在の運動レベルを認識するもの。測定した心拍数から有酸素運動能力の指標である「VO2Max」を計算し、そのVO2Maxを同じ年齢や性別のデータと比べたときの偏差値を“体力スコア”として算出するという。

 カーディオフィットネスレベル、という機能が新しいようです。これが何をしてくれるものなのか、簡単にまとめてみると、以下のようなことみたいです。

 

  1. 加速度計等から、いまやってる運動の激しさを認識
  2. 平行して心拍数を測定
  3. 1.と2.の結果から、使用者の体力レベル「VO2Max」を計算
  4. 「VO2Max」が同年代の人と比べてどの程度のレベルか、教えてくれる

Vegeta

ドラゴンボールのあのセリフを使うとこうなる

さらに噛み砕くと、こういう感じのことを活動量計が考えて、教えてくれると思われます。

  1. ふむ、このくらいの振動ということは、お前のやっている運動の激しさは幼稚園のかけっこレベルだ!
  2. それなのに、ふだんより心拍数あがりすぎだぞ?
  3. 「VO2Max」 たったの5か…ゴミめ
  4. 30代でそんな体力レベルだと、ヤバイぞ?

 これって自分の体力を教えてくれるスカウターみたいですね。自分の体力レベルしか見えないけど。ゴミめ…とか言われたらわけもわからず心が折れそうですが。

 

 VO2Maxとは

ところで、「VO2Max」ってなんかかっこいいですね。

「わたしの「VO2Max」は53万です。」とか、なんか強そう。 

ちなみに「VO2Max」は、運動中に体内に取り込める酸素の量だそうです。一般男性で40mg/kg/分程度とのこと。高いほど、酸素をうまく吸えて、運動に活かせるってことですね。

VO2MAXとは?~今さら聞けない基礎知識~ | 用語集|からだプロ

たしかに5だと低すぎるわ。

 

まとめ 

踏み台昇降をやったときの脈を、同じクラスの可愛い女子に計ってもらった、あのときめきには及ばないまでも、こういう新しいガジェットにはワクワクしてしまいますね!