電気回路技術者からITエンジニアを目指す!

子持ちのアラフォー回路屋さんがITエンジニアを目指します

なじる人は傷ついているんですけど!

まいど。がれぶるです。
妻に対するわたしの態度が都合良すぎると気付いてしまいました。

機嫌が悪いと嫌い、良いと好き


機嫌が良い時の妻はもちろん好きです。期限良くしてくれていると、大事にしてあげたいと思うのです。

反面、期限が悪い時にはあまり関わりたくないと思ってしまいます。
妻抜きでの生活を妄想してしまう、なんてこともあります。

妻の態度により出たり引っ込んだり、都合が良すぎるなぁ、と我ながら思ってしまいました。

どんな時も愛情を出せるようになりたい


黒川伊保子氏が夫婦の脳と心の動きについて述べた「夫婦脳―夫心と妻心は、なぜこうも相容れないのか (新潮文庫)
」という本には、繰り返しこの言葉が出てきます。

なじる人は傷ついている


機嫌が悪くてわたしに当たってくる妻はたしかに、傷ついているはずなんですよね。
傷ついているから、わかってもらいたくて荒い言葉を使う。
それをわかってあげて、傷ついている妻に追い打ちをかけない、という愛情を持てるよう、努力したいなと思います。

まとめ


そうして、機嫌が良い時も悪い時も、妻の気持ちに愛情をかけてあげられる、そんな都合良すぎ!ではない人間になりたいなと思うのです。

そうすれば、もっと良い家族になれるのではないかしらん?