本と科学と尊みと

本のこととか科学技術のこととか趣味のこととか書きます

マネーフォワードの使い方。普段の買い物はクレジット自動集計しないでレシート撮影したほうが費目管理しやすい。

マネーフォワードのクレジットカード自動取り込みは便利だけど 

1つの買い物で複数の費目にまたがることがあります。 例えば、スーパーで買い物をするとき、食品と歯ブラシと洗剤を買うときです。

マネーフォワードのクレジットカード連動でこの出費を集計すると、すべて食費にカウントされてしまい、細かい集計ができなくなることがあります。

食品とは別に、お菓子に使った費用を把握したい、などの、細かい管理をしたい場合も同様です。

自動で集計してくれるのは便利なのですが、正確な集計ができなくなったりするわけです。

ただ、クレジットカードを使うとポイントが付くなどなど便利な点も多いわけです。 現金を下ろす手間も手数料も節約できますし。

対策、マネーフォワードに連動させていないクレジットカードを使う

対策として、私は、普段の買い物に使うクレジットカードは、マネーフォワードに連動させないようにしました。 そして、レシートをマネーフォワードのレシート撮影機能で入力します。

こうすれば、もれなくマネーフォワードに出費の情報が集約でき、かつ、細かい管理ができるようになるわけです。

公共料金などの、細かい集計が不要で自動で集計したい用途と、細かい集計をしたい用途のそれぞれに、クレジットカードを1枚ずつ割り当てるということです。

ちなみに、私は、前者は楽天カード、後者はとセブンカード・プラス を使っています。