電気回路技術者からITエンジニアを目指す!

子持ちのアラフォー回路屋さんがITエンジニアを目指します

社外技術セミナーに参加。世界観が広がります。

業務に関連する資格取得のためのセミナーに参加


会社で扱う測定機の管理、メンテナンスのため、第二種の放射線取扱主任者資格を取得することにしました。

測定機に規定レベル以上の放射線源を使用する場合、同資格が必要になるのです。

今回は受験対策セミナーということで、会社のお金で勉強させていただいています。

普段の業務とはあまり関係のない知識


本日の講義内容は、放射性元素がどう変化して、どんな放射線を出すかということ。

普段は電気関係の設計業務をしているので、あまり関連のない内容となりました。

でも、とっても楽しい講義だった


なのですが、これがまた、刺激的で楽しいのです。

原子核が変化していく、というダイナミズムはスリリングですし、半減期の考え方は時定数と似ている普遍的なアイデアです。

参考者を読むだけではあまり分からなかった、全体的なストーリーが、講義によって浮かび上がり、また、試験で抑えるべきポイントも明確になりました。

やはり、たまには外の知識を


こうやって、新しいことを学ぶ、ということは、純粋に楽しいものです。

その上、学びにより得られた世界の新たな見方、論理体型、論理構造は、本来の業務を行う上でも役に立つはずです。

たまには、ダメ元で会社にお願いして、外で勉強するっていうことをしたほうが良いと思います。そうしないと、なかなか視野が広げられないので。