電気回路技術者からITエンジニアを目指す!

子持ちのアラフォー回路屋さんがITエンジニアを目指します

技術系の展示会、そんなにコンパニオンのお姉さんが話しかけてきたら、逆に御社のブースにはいりにくくなるんですよ?

展示会の闇。名刺をホイホイ渡すと面倒なことに。


展示会って、名刺が貨幣のような価値を持つ空間なんです。

企業ブースのお姉さんに名刺を渡すと、お茶と資料のセットを貰えたり、抽選会を経て景品がもらえたりします。

そんな便利な名刺ですが、ホイホイ渡してしまうと、面倒なことが起きる場合があります。

個人情報がどう周り回ったか、「節税のためにマンション買いませんか?」なんて電話が職場にかかってくることがあるのです。

名刺を渡すには慎重になる


出展側は名刺を集め、見込み顧客リストを作ろうと、あの手この手で名刺をもぎ取ろうとします。

コンパニオンのお姉さんにノベルティを配らせて、受け取ったひとに名刺とアンケートの記入を要求する、なんてのはよくある手口です。

なので、参加者側(名刺を渡す方)も慎重になります。私なんかは、コンパニオンが多い企業ブースの近くを歩く時は、コンパニオンと目が合わないよう、そのブースのほうを見ないようにして通り過ぎることが多いです。

コンパニオンがいないほうが、展示資料じっくり見られるのよね


つまり、私の場合は、コンパニオンが多いほどそのブースには寄り付かない、という傾向があります。

同じような行動をするひとは多いんじゃないかな。

ので、出展社の皆さん、コンパニオンの数は控えめにコスト削減をお願いします。コンパニオンがいてもいいですが、ぐいぐいノベルティを押し付けさせないようにお願いします。多く配るほど、評価をよくするとか、そういうシステムがあったとしたら、もってのほかです。

そもそも、展示会へ出展するのは、売上を増やすためのはずで、ノベルティにつられただけのその企業に興味のない人の名刺を集めてもしょうがないと考えないのかしらん?4Pのpromotionと顧客の整合が取れてないですよ?