本と科学と尊みと

本のこととか科学技術のこととか趣味のこととか書きます

34歳→35歳になるにあたって考えた。

四捨五入したら・・・


本日で35歳になります。

25歳になる時には、四捨五入したら30歳だ、なんて笑っていましたが、今度は四捨五入したら40ですよ。

もう、若い人から見たら十分におじさんです。人生も中盤に差し掛かった、っていうところでしょうか。

「残り時間」を意識するようになった。


年令を重ねるごとに、感じるのは、ああ、人生って有限なんだな、ということです。当たり前といえば当たり前なんですが。

何歳まで生きるかわかりませんが、80歳までだとしたら、あと5年で折り返し。

この人生は、結局、どうしたいの?という問いが頭をもたげて、わけもなく焦ることもあります。

 

35歳は、目の前のことに正しく向かい合えるようになりたい。


とはいえ、年齢と終わりを意識しすぎて、数十年後を気にしながら生きるようなことはしたくない。

今の自分は、今の自分を幸せにすることしかできないのですよね。もちろん、将来に向けての自己投資もしますが、その投資による自己の成長も、今の自分を幸せにするものです。

将来の自分のための援助、投資はしておきますが、将来のことは、将来の自分の課題であります。

過去も同じ。

過去と将来の自分に対しての課題の切り分けってやつができるはずです。

そうなると、やはり今しかない。目の前の課題に正しく、嘘をつかず、向き合っていく。

35歳の1年間は、そんなことをテーマに生きていくのがいいのかしらん、と考えつつ、誕生日を迎えました。